1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

UVI(ユーブイアイ) Augmented Piano【※シリアルPDFメール納品】【DTM】【ピアノ/キーボード音源】 UVI(ユーブイアイ) Augmented Piano【※シリアルPDFメール納品】【DTM】【ピアノ/キーボード音源】 UVI,ユーブイアイ,Augmented,Piano,※シリアルPDFメール納品,DTM,ピアノ,キーボード音源 ピアノ DTM ユーブイアイ Augmented UVI Piano ※シリアルPDFメール納品 キーボード音源 ピアノ DTM ユーブイアイ Augmented UVI Piano ※シリアルPDFメール納品 キーボード音源 UVI,ユーブイアイ,Augmented,Piano,※シリアルPDFメール納品,DTM,ピアノ,キーボード音源

UVI(ユーブイアイ) Augmented Piano【※シリアルPDFメール納品】【DTM】【ピアノ/キーボード音源】






Augmented Pianoは、多彩なサウンドデザインを可能にした特別なピアノ音源です。1909年製の美しいPleyelグランドピアノをベースに様々なプリパレーションを施し、丁寧に収録しました。ピアノを弓、ピック、あるいは指で弾いた音で演奏したい...これらのサウンドを重ね、アタックやディケイをずらした音色の構築...さあ、Augmented Pianoとともに始めましょう!

アプローチ


Augmented Pianoは、ピアノをベースにした多彩な音色、響きをデザインできるクリエイティブなインストゥルメントです。新鮮で刺激的なサウンドとともに、新しい音色の創作と探求方法、表現力と可能性をお届けします。

サスティンの効いたサウンドからパーカッシブな響き、従来の音色から未知のバイブまで、Augmented Pianoはアコースティック楽器を用いたサウンドデザインの極みです。1909年製のPleyelグランドピアノによる24のプリパレーションは、すべて3マイクで収録され、それぞれのソースを独立して扱うことが可能です。収録し使用されたマイクロフォンは、その魅力を最大限に引き出すために、Royerのステレオリボンマイク、ステレオペアマッチングされたBKのコンデンサーマイクとモノラルのPZMが用いられました。

プリパレーションのマイクソースごとの収録は、マルチベロシティとラウンドロビンをサスティンとリリースパートのそれぞれに実施され、合計で23,000を超えるサンプルが用意されました。そして細心な編集とプログラミングによって、ディテールと適度の容量、演奏の自然さのバランスに優れたピアノ音源としてAugmented Pianoは完成しました。

インストゥルメント



Augmented Pianoに用意された24のプリパレーション:


Bow(弓)、Caps(蓋)、Coin(コイン)、Brush Slide(ブラシスライド)、Brush Tap(ブラシタップ)、eBow、Rubber(消しゴム)、Finger Muted(フィンガーミュート)、Finger(指による撥弦)、Harmonics(ハーモニクス)、Key Noise(打鍵音)、Metal Foil(アルミホイル)、Metal Sticks(メタルスティック)、Muted(パームピュート)、Normal(ノーマルサウンド)、Structural effects(効果音)、Pick(ギターピック)、Pick Mute(ミュートピッキング)、Screws(ネジ)、Tack(画鋲)、Tacked Muted(タックミュート)、Una Corda(ウナコルダ)、Wallet(財布)、Wood Stick(ウッドスティック)と複合プリパレーション。

Augmented Pianoのプリパレーションは、様々な用途や奏法に適しています。柔らかいタッチのBrush Slideから鈴鳴りのするTack、金属的なScrews、無限のサスティンを持つeBowまで、どれも個性的な響きを持ち、シンセサイザーとは異なるアコースティック楽器ならではの質感を宿します。そして、UVI WorkstationとFalconの扱いやすいマルチシステムによって、プリパレーションをレイヤーとして扱い、さらにリッチで印象的なハイブリッドサウンドを実現します。例えば、Metal StickとBowを重ねることで、金属質のアタックとサスティンの効いたサウンドを構築します。あるいはBrush TapとFingerを合わせ、コーラス、ディレイとリバーブを加えて仕上げることも可能です。

Augmented Pianoのマイクソースは、独立したミキシングコントロールで音色をお好み仕立てにできる仕様です。加え、ピアノ音源必須のリリースボリューム、シンパセティックレゾナンス、ペダルボリュームなど、この音源全体の響きを完全コントロール可能です。EDIT画面では、よりクリエイティブなサウンドパラメーターが用意されています。一般的なシンセサイザーに装備されているADSRエンベロープ、マルチモードフィルター、フィルターエンベロープ、トーンとポルタメントでさらなるサウンドマニピュレーションをサポートします。EEFECTS画面では、カスタマイズ可能なIR、ドライブ、EQ、Thorus、Phaser、DelayとSparkverbにアクセス可能で、確かな音色の仕上げに役立ちます。

この音源の奥深さを知るには、用意された即戦力のプリセットを一通り確認すると良いでしょう。その響きの可能性によって、Augmented Pianoが美しさと多様さを兼ね備え、無限の響きを持つソフトウェアインストィルメントであると肌で感じ取れることでしょう。

特徴


・24のプリパレーションで装飾された響きを持つ1909製Pleyelグランドピアノ
・市場唯一のタックされたグランドピアノサウンド
・3つ完全独立、フルミックス可能のマイクチャンネル(ステレオリボン、コンデンサーペア、PZM)
・リリースボリューム、シンパセティックレゾナンス、ペダルボリュームコントロール
・ADSRエンベロープ、マルチモードフィルター、ピッチエンベロープ、トーンとポルタメントパラメーター
・サウンドデザインに欠かせないIR、Drive、EQ、Thorus、Phaser、Delay、Sparkverbのエフェクトを装備
・UVI WorkstationまたはFalconのマルチ機能によるサウンドレイヤーとゾーン設定
・直観操作のためのモダンユーザーインターフェイス
・23,000超のサンプル、読込速度の向上、快適さと低容量を実現したロスレス圧縮
・3デバイスアクティベーション対応の柔軟なライセンスシステム

製品仕様
コンテンツ情報 
サイズ14.08GB(FLACロスレス圧縮済、非圧縮WAVサイズは61.92GB)
コンテンツ23,889 サンプル、164プリセット
サンプル解像度44.1 kHz(収録: 88.2 kHz)
ライセンスライセンス: 1ライセンスにつき3アクティベーション可能、コンピュータのハードドライブまたはiLok USBキー、あるいはその両方に認証可能、組み合わせは自由
システム条件・UVI Workstation 2.6.15以降、またはFalcon 1.4.1以降に対応
・iLok アカウント(無料取得、USBキーは必須ではありません)
・インターネット接続環境(製品ダウンロードとライセンス発行と認証に必要、常時接続不要)
・対応システム:
 - Mac OS X 10.7 Lion ~ macOS 10.13 High Sierra(32bit と 64bit)
 - Windows 7 ~ Windows 10(32bit と 64bit)
・15GBの空きディスク容量
・ハードドライブ:7,200回転仕様のHDDまたはソリッドステートドライブ(SSD)推奨
・4GB RAMメモリ (大容量のUVIサウンドバンクは 8 GB以上を強く推奨)
互換性 
対応フォーマットAudio Units、AAX、VST、スタンドアロン
検証済みホストDigital Performer 8以降、Pro Tools 11以降、Logic 9以降、Cubase 7以降、Nuendo 6以降、Ableton Live 8以降、Studio One 2以降、Garage Band 6、Maschine 1 2、Tracktion 4以降、Vienna Ensemble 5、Reaper 4以降、Sonar X3、Main Stage 3、FL Studio、Bitwig 1+、Reason 9.5+、MuLab 5.5以降

FC2ブログ
menu

共に宿命を果たそうではないか、兄弟。

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Chapter 2

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Chapter 2

※素人翻訳です。ニンラー・ブラスターによって拘束されたオヌーが、多数のバイティルに囲まれながら、クリカのアジトに到着するまでほんの数分しかかからなかった。周囲に生命体の気配はなく、代わりに死んだラヒの亡骸が泥の中に散乱している。凄惨な光景にも関わらず、バイティルは特に気にしない様子でアジトのある孤島に着陸した。「もしもしクリカさーん?お出かけ中かーい?」オヌーは反射的に周囲を見渡そうとした。だがブ...

02, 2021   0
BIONICLE Legends:Swamp of secrets Interlude 1

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Interlude 1

※素人翻訳です。ー 遥か昔…目を覚ましたのは、真紅の鎧を纏った戦士だった。首を左右に傾け、周囲を見回す。だが彼には自分が何処にいるのか、側にいる他の5人の人物が誰であるかもわからなかった。彼らは自分と同じように台の上で横たわり、それぞれ白、青、緑、黒、茶の異なる色彩の鎧と仮面を身につけている。彼らが何者なのかはわからないことは、別に大したことではなかった。自分が何者なのかもわからないのだ。他人のことな...

21, 2021   0
BIONICLE Legends:Swamp of secrets Chapter 1

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Chapter 1

※素人翻訳です。カーダ・ヌイの沼地へ向け降下するタフー・ヌーバは、彼の中に燃える熱き魂を揺らしていた。普段なら戦略や敵への対処法だけを集中して考えている頃だが、今回ばかりは例外だったようだ。遥か昔、邪悪な帝王テリダックス率いるブラザーフッド・オブ・マクータがマタ・ヌイを眠らせ、世界を影に陥れた。秩序を破壊した影の軍団は思うままに闇を操り、未だこの世界の人々を苦しめている。一方で、邪悪なマクータから...

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Prologue

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Prologue

※素人翻訳です。 -Prologue- 光のトーア、タカ・ヌーバは、メトロ・ヌイの海岸線に立ち、波打つ白銀の彼方を見つめている。彼は毎日欠かさずここに来ては、トーア・ヌーバ達の帰りを待ち続けていた。彼がこの都市の唯一のトーアとして奮闘する必要はなくなっていた。ジャラやハーリ達、5人のトーア・マーリがメトロ・ヌイに帰還したのだ。しかし、トーア・ヌーバは未だ行方不明のままで、周囲には誰一人として居場所を知...

31, 2021   2
BIONICLE:Legends #9 日本語版

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE:Legends #9 日本語版

どうもむにこです。この度兼ねてよりお付き合いしておりましたバイオニクルの原作小説、Shadows in the skyをしばき倒すことに成功しましたのでここに報告いたします。 閲覧は下記リンクよりどうぞ。57000字を超えておりますので暇つぶしには十分かと思われます。こちら!ご意見ご感想、ご質問などコメント欄やTwitter、メッセージフォームにてお待ちしております。#10 Swamp of secretsの翻訳の準備もしておりますのでそちら...

31, 2021   0
BIONICLE Legends:Shadows in the sky Chapter 9

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Shadows in the sky Chapter 9

※素人翻訳です。 -Chapter 9-“落下している”という事実ではなく、オワツは自分がどこに向かって落ちているのかに関して頭を悩ませていた。分厚い雲が何層にも重なっており、どこに向かえば衝撃を抑えられるか判断できないのだ。しばらくの間遥か高くから落下しており、本当は下には何もなく、永遠に落ち続けるのではと、オワツは変に錯覚してしまいそうだった。ふと頭の中に、見たことのない景色が思い浮かんだ。それは沼に刺さっ...

29, 2021   0