1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

走行充電器,SJシリーズ,SJ101 走行充電器 SJシリーズ SJ101 走行充電器,SJシリーズ,SJ101 走行充電器 SJシリーズ SJ101 走行充電器(SJシリーズ) SJ101 走行充電器(SJシリーズ) SJ101

走行充電器(SJシリーズ) SJ101



【特長】
●通常車を走らせるとオルタネータが発電を行い、メインバッテリーを充電します。
●走行充電器を設置すると、メインバッテリーの余った電力を、走行充電器の電圧安全監視システムをもとに適切にサブバッテリーへ充電します。 メインバッテリーの容量の余裕がなくなると、バッテリー上がりを避けるため、充電を停止します。
●サブバッテリー出力制御端子も付いており、本体の電圧安全監視システムを利用して、サブバッテリー電圧を監視しながら最大限30AのDC直流電力を出力します。 もちろん、サブバッテリーの電力が足りなければ、過放電防止のため、自動的にDC電源の出力を停止させる安心設計です。
●電圧監視システムが内蔵されており、走行充電器の端子を通せば、簡単に過放電問題を防ぎます。 さらに、メインバッテリーとサブバッテリーの低電圧保護装置は電池の目的別で、異なる警告設定をしておりますので、 安全電圧範囲以内、効率よく充電動作と放電制御を行います!
●12V/24V電源兼用仕様、最大30A充電電流対応。
●信頼性の高い各種保護回路を内蔵。またファンは走行充電器に内蔵された温度センサーにより自動的に動作を判断して作動。電力を無駄に使いません。
●メイン電源スイッチ付き。オフにすれば一切充電放電動作はしませんので、通常待機電流より低く、ゼロに近い最小待機電流を実現しました。 車を長時間使わない場合も、メインとサブに負荷をかけない一番お勧めのモードです。
●出力制御端子付き、最大30AまでDC直流放電可能。出力制御端子は本体の電圧安全監視システムを通しているので、サブバッテリーは10.5Vになると、 出力制御端子の出力が停止されて、サブバッテリーの過放電現象を防ぎます。
【仕様】
●標準入力電圧 DC12V/DC24V兼用
●最大使用電圧 30V
●最大充電電流 30A
●制御出力電流 30A MAX
●使用温度範囲 -20℃~60℃
●電流制御方式 PWM方式
●製品サイズ D:169.5mm W:188mm H:57mm
●製品重量 0.66kg

FC2ブログ
menu

共に宿命を果たそうではないか、兄弟。

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Chapter 2

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Chapter 2

※素人翻訳です。ニンラー・ブラスターによって拘束されたオヌーが、多数のバイティルに囲まれながら、クリカのアジトに到着するまでほんの数分しかかからなかった。周囲に生命体の気配はなく、代わりに死んだラヒの亡骸が泥の中に散乱している。凄惨な光景にも関わらず、バイティルは特に気にしない様子でアジトのある孤島に着陸した。「もしもしクリカさーん?お出かけ中かーい?」オヌーは反射的に周囲を見渡そうとした。だがブ...

02, 2021   0
BIONICLE Legends:Swamp of secrets Interlude 1

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Interlude 1

※素人翻訳です。ー 遥か昔…目を覚ましたのは、真紅の鎧を纏った戦士だった。首を左右に傾け、周囲を見回す。だが彼には自分が何処にいるのか、側にいる他の5人の人物が誰であるかもわからなかった。彼らは自分と同じように台の上で横たわり、それぞれ白、青、緑、黒、茶の異なる色彩の鎧と仮面を身につけている。彼らが何者なのかはわからないことは、別に大したことではなかった。自分が何者なのかもわからないのだ。他人のことな...

21, 2021   0
BIONICLE Legends:Swamp of secrets Chapter 1

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Chapter 1

※素人翻訳です。カーダ・ヌイの沼地へ向け降下するタフー・ヌーバは、彼の中に燃える熱き魂を揺らしていた。普段なら戦略や敵への対処法だけを集中して考えている頃だが、今回ばかりは例外だったようだ。遥か昔、邪悪な帝王テリダックス率いるブラザーフッド・オブ・マクータがマタ・ヌイを眠らせ、世界を影に陥れた。秩序を破壊した影の軍団は思うままに闇を操り、未だこの世界の人々を苦しめている。一方で、邪悪なマクータから...

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Prologue

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Swamp of secrets Prologue

※素人翻訳です。 -Prologue- 光のトーア、タカ・ヌーバは、メトロ・ヌイの海岸線に立ち、波打つ白銀の彼方を見つめている。彼は毎日欠かさずここに来ては、トーア・ヌーバ達の帰りを待ち続けていた。彼がこの都市の唯一のトーアとして奮闘する必要はなくなっていた。ジャラやハーリ達、5人のトーア・マーリがメトロ・ヌイに帰還したのだ。しかし、トーア・ヌーバは未だ行方不明のままで、周囲には誰一人として居場所を知...

31, 2021   2
BIONICLE:Legends #9 日本語版

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE:Legends #9 日本語版

どうもむにこです。この度兼ねてよりお付き合いしておりましたバイオニクルの原作小説、Shadows in the skyをしばき倒すことに成功しましたのでここに報告いたします。 閲覧は下記リンクよりどうぞ。57000字を超えておりますので暇つぶしには十分かと思われます。こちら!ご意見ご感想、ご質問などコメント欄やTwitter、メッセージフォームにてお待ちしております。#10 Swamp of secretsの翻訳の準備もしておりますのでそちら...

31, 2021   0
BIONICLE Legends:Shadows in the sky Chapter 9

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BIONICLE Legends:Shadows in the sky Chapter 9

※素人翻訳です。 -Chapter 9-“落下している”という事実ではなく、オワツは自分がどこに向かって落ちているのかに関して頭を悩ませていた。分厚い雲が何層にも重なっており、どこに向かえば衝撃を抑えられるか判断できないのだ。しばらくの間遥か高くから落下しており、本当は下には何もなく、永遠に落ち続けるのではと、オワツは変に錯覚してしまいそうだった。ふと頭の中に、見たことのない景色が思い浮かんだ。それは沼に刺さっ...

29, 2021   0